観光-イベント-おでかけ情報

旅先やおでかけ先の情報・気付いたことなどをお届けします。

滋賀農業公園ブルーメの丘ーお得なテーマパーク

ネット検索してあまり情報がなかったブルーメの丘。 

f:id:shimausj:20170906175236j:plain

行ってみたら、びっくり。いいところでした。 予想以上に広いし、夏なのに涼しい。お金を使わなくても、あっという間に時間が過ぎていきます。

一番びっくりしたのは、私たちが行った日は、

足漕ぎボートや変形自転車、チューチュートレインなどの遊具が

夕方4時から日没までどれも100円!

夕方4時からは入園料無料!

だったこと。

地元の方はよく知っていらっしゃるのか、4時になると突然、人が増えました。

あとからホームページをよく見ると…連動しているFacebookの方に、〇日と〇日は4時から入園料無料やナイター営業の話がちらりと載っていました。

特別お得な日が突然やってくるようです。

行く前に、しっかりホームページで〇日限定!というお得な最新情報をつかんでいってください。

 

 

入園料と割引

入園料

<平成29年3月1日~平成29年11月30日>

大人(中学生以上):1000円

子ども(4歳以上):600円 

<平成29年12月1日~平成30年2月28日>

大人:500円

子ども:300円 

※3歳以下は無料

※当日の再入園可

<年間パスポート>

大人:3,800円
子ども:2,300円

割引

①ブルーメの丘のホームページに掲載されている割引クーポンを使う

入園料が100円引きになります。

↓こちらからどうぞ。

割引クーポン 滋賀農業公園ブルーメの丘

※平成29年11月30日(木)までの平日のみ使用可(土日祝・振替休日使用不可)

※プリントアウトが必要(スマホ画面提示不可)

②コンビニで前売り券を購入する

JTBから出ている園内遊具券付きの割引チケットを、下記コンビニの端末で購入することができます。

遊具券を含めて考えると300円お得です。

セブンイレブン、ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、サークルKサンクス

 商品番号 0245342 

現地観光プラン・レジャーチケット・定期観光バス|滋賀農業公園ブルーメの丘 前売引換券

※ 2017年11月30日 まで 

大人(中学生以上):1200円

(入園料(1000円)に、園内遊具券チケット500円分がついたチケット)

子ども(4歳以上):800円

(入園料(600円)に、園内遊具券チケット500円分がついたチケット)

前売り券をブル―メの丘の入り口ゲートで渡すと、500円分の園内遊具券と入園券を渡してもらえます。

☆100円のチケット5枚つながったもので、一枚ずつ切り離して使えます。ただし、遊具券は「游のエリア」にある遊具を使う場合は使用できますが、「牧のエリア」で乗馬や動物とのふれあい広場には使えません。

↓乗馬コーナーの掲示です。

左の緑色の券が遊具券。右の青色のチケットが牧のエリアで使える券です。

f:id:shimausj:20170907151926j:plain

 私たちは②の方の割引を選択したので、遊具券が500円分ありましたが、どちらかというと「牧のエリア」でのんびりと楽しむことをメインに考えていたので、「游のエリア」で500円分使い切るのに苦労しました。ブルーメの丘は広く、楽しみ方もたくさんあります。遊具券の購入は行ってから考えた方がいいかもしれません。

各エリアの紹介

門のエリア

無料の駐車場から上がってくるとすぐに門のエリアになります。ヨーロッパ風の石畳にお花。おとぎの国に迷い込んだような空間。

入場ゲートの前にチケット売り場とひっそりと地元の商品(野菜も!)を売るお店があります。

入場ゲートをまっすぐ進むとこんなオブジェが迎えてくれます。

f:id:shimausj:20170907154129j:plain

左下に見えるのがベンチで、そこに座って記念撮影ができるようになっています。

この写真は夕方、帰る間際に撮影したものです。白い小さなランプがたくさんありますが、昼間にはありませんでした。暗くなってきたら、このランプが幻想的な雰囲気を醸し出してくれるでしょう。

私たちは家族で行きましたが、大人だけの旅も楽しめる場所です。

街のエリア

お土産物や飲食物を売っているところです。レストランや体験教室もあります。

シルバニアファミリーのかわいいお部屋もあるし、メインステージで芸能人が話をしたりする場所でもあります。私たちが行った日も、聞いたことがある芸人さんが来ていました。(芸能界に疎いのであまり知りません)

f:id:shimausj:20170906175204j:plain

 体験教室は小学生~大人向けです。

「クラフト・絵付け教室」は予約不要ですが、

食べ物関係の体験教室は、平成29年11月30日(木)までは、前日までの電話予約が必要です(0748-52-2611)

ブルーベリーアイスクリーム作り教室 約40分  2人で1500円
ソーセージ作り教室 約90分 2人分400g 2400円

バター作り教室・ピザ作り教室・かぼちゃシフォンケーキ作り教室・おかしの家作り教室なんてのもありました!

他にもたくさんあります。

私たちは一日だけだったので、他に楽しむところが多く、体験教室まではできませんでしたが、年パスで何度も行かれる方は、体験教室もいいかもしれません。

街のエリアから「チューチュートレイン」が出ています。これに乗ると、花のエリアを通って村のエリアも通過、牧のエリアの奥まで連れて行ってくれます。

花のエリアと村のエリア

時間の関係で村のエリアはまわっていません。

ビールやソーセージが楽しめるようです。

花のエリアは芝生広場とローズガーデンを少し利用しました。その季節にあったお花も楽しめるのですが、残念ながら、8月のお花のひまわりは台風のあとだったので、楽しめませんでした。

 游のエリア

【 芝すべり 】 4歳以上~20分 400円 (そり 1枚)

f:id:shimausj:20170911024848j:plain

かなり急な坂で、小さな子は大人と一緒に滑っていました。20分間となっていますが、時間を測る係の方がいないので、自分で20分経ったなと思う頃にみんな終了していくようです。
【 ゴーカート 】1周 800円

2人乗りで、大人の方のみブレーキやアクセルがあるそうです。ハンドルは子どもの方にもついています。かなり長距離だったようです。
【 アーチェリー 】10本 400円

【 金魚釣り 】20分 300円 (1餌 1竿)

【 キッズ ショベルカー 】1回 300円

 牧のエリア 

 【 巨大迷路 】1回 300円

【 変形自転車 】20分 400円 (入場料制)

f:id:shimausj:20170911025341j:plain

 こちらも時間を測っている方がいませんでした。

【 パター ゴルフ 】
1回 300円

【 足こぎボート 】
3人乗り 1000円
4人乗り 1200円
【 鯉釣り 】
60分 600円 (1餌 1竿)
【 ミニSL 】
1周 300円
【 チューチュートレイン 】

片道 200円 (1駅)
1周 400円 (2駅)

f:id:shimausj:20170911025459j:plain

【乗馬場】

馬500円(70キロ以下の人しか乗れません)

ポニー300円(4歳上130㎝まで)

f:id:shimausj:20170911031424j:plain

【動物ふれあい広場】

無料ですが、エサをやるときは餌代100円程度必要です。

f:id:shimausj:20170911031400j:plain

【乳しぼり体験】(受付で予約がいることも)

300円

f:id:shimausj:20170911031342j:plain

 【遊具アトラクション】

平成29年7月22日(土)~平成29年10月9日(祝)

小学生以上

f:id:shimausj:20170911031817j:plain

バンジージャンプ500円 ジップライン600円 ボルダリング400円 3つ乗ると1,200円

バンジージャンプ、ボルダリング25~90キロ 

ジップライン30~90キロ

ジップラインは120センチ以下不可 

食事

①「街のエリア」でバーベキューやバイキングを楽しむ。

手ぶらでバーベキュー

¥3500~¥10000(2名~7名用)

バイキング

大人・中学生以上   1,500円
子ども・小学生以上    800円
3歳以上6歳未満     400円
2歳以下:無料

f:id:shimausj:20170907153849j:plain

②「街のエリア」や「村のエリア」で軽く食べる。

カフェでピザなどの軽食を食べたり、焼き立てパンを買って食べることもできます。クレープ販売のワゴン車もありました。ソフトクリームはあちこちのエリアで売っています。「村のエリア」では地ビールとソーセージを食べることができます。

③お弁当を持ち込んで、ベンチや芝生の上で食べる。

市販のお弁当のお持込は禁止ですが、家で作られた手作り弁当はOKです!(ホームページのよくある質問に書いていました)

f:id:shimausj:20170906175329j:plain

花のエリアの一番奥に「メイン芝生広場」があります。そこで簡易テントを広げてお弁当を食べる人たちが多いのですが、園内のあちこちで簡易テントを見かけました。私たちも小さな簡易テントを持って行ったのですが、木陰がたくさんあるのでピクニックシートだけでも良かったです。園内の庭にあるテーブルやベンチで食べている方もいました。

アクセス

バス

 ●JR近江八幡駅南口から近江バス「北畑口」行きご乗車で約50分 幅野町下車 徒歩10分
JR近江八幡駅南口⇔幅野町 710円
●近江鉄道・日野駅(上り米原方面)(下り貴生川方面)から近江バス「北畑口」行きご乗車で約15分  幅野町下車 徒歩10分
近江鉄道・日野駅⇔幅野町 340円

自家用車など(駐車場無料)

●名神高速 …八日市I.C.より約20分
●東名阪道 …関I.C.より約60分(国道1号線経由)
●新名神高速 …甲賀土山IC.より約25分
●名阪国道 …上柘植I.C.より約40分
●国道8号線 …近江八幡市より約30分
●国道1号線 …水口町より約20分

料金について。お得に楽しむなら。

冒頭にも書きましたが、突然、入園料無料の札が出てきたり、遊具料金が100円になったりするテーマパークです。

もし、お得に行きたい方は、事前にホームページなどでチェックしてから行くことをおすすめします。

例えば、こんな情報も。

平成29年9月30日(土)入園料無料!!
この日は秋の安全運動の一環として警察署と連携してイベントをするからのようです。
いろんなイベント内容が掲載されていましたが、
「指紋採取!鑑識体験」なんてのもあり、近かったら行って子供にさせるのになぁというような内容でした。

こんなイベント満載の日は遊具で遊んでいるヒマなんてありません。だから、遊具券を買うこともないだろうし、お得に楽しんで帰れると思います。

 20周年を迎えたと書いてあるとおり、設備が古くなっている部分もありましたが、20年も続いたのは、なるほど、ただの公園っていうわけじゃないからだなと気付かされました。

滋賀県に旅行にいって、もう少し遊びたい方は、ぜひホームページをチェックして立ち寄ってください。