観光-イベント-おでかけ情報

旅先やおでかけ先の情報・気付いたことなどをお届けします。

キッズプラザ大阪5-3階「つくろう階」<クリエイティブの翼を広げる>から出口周辺とお土産物店まで

前の記事「キッズプラザ大阪4」の続きです。

shimausj.hatenadiary.com

いよいよ3階、「つくろう階」と出口がある階です。

 つくろう階ってどんなところ?

4階からエレベーターを使っておりてくると、ロッカーや自動販売機、ベンチ、記念スタンプなどがある空間に出てきます。私たちが行った時は、車も展示してあり、子どもたちが乗りたがっていました。そのまま突き進むと「デジタル体感ひろばアクア」に到着します。

このフロアには、この空間のほかに、「物を作る喜び」を知るプログラムが用意されている「創作工房」・「コンピューター工房」の2教室があります。

 この階に出場ゲートと再入場ゲートがあり、ゲートを出た後に、ミュージアムショップがあるので、そこでゆっくりお土産を買うことができます。

 デジタル体感ひろばアクア

 大きな画面に指でタッチして操作し、出来たら最後は大きな画面に映し出されるというもの。この機械は3人同時にできるものですが、他にも違うパターンの機械がいくつかあります。

f:id:shimausj:20170301160240j:plain

 最初は大人が説明してやる必要がありますが、基本的に幼児でもできます。

コンピューター工房

 「パソコンを使って、何かを作る」教室です。アクアと同様、大きなスクリーンに個人が作った画像を映し出すことができるので、私のが大きなスクリーンにある!と嬉しくなる教室です。

時期によって、いろんな教室をされています。

私たちが行った時は、9AVe(きゅうべえ)というアニメーションソフトを使って、アニメーションを作ろうという教室が開かれていました。

9vae.blogspot.jp

 幼稚園児(4歳~)から使えるよう、キッズプラザ版にカスタマイズされたものがこちらからダウンロードできます。

創作工房

 さまざまなものを作る工房です。

プラバンのキーホルダー作りの時もあれば、木のこぎりで切るような時もあったようです。段ボールや布切れ、スポンジなどを使って「森」を作ろうという時や、フィルムケースを積み上げて、何かを作り上げようというもの、段ボールのパーツを組み合わせて何かをつくろうという時もあり、行くときによって体験できることが違います。

私たちはコンピューター工房の方へ行ったので、この時はこちらには行きませんでした。

ミュージアムショップ

3階のゲートを出ると、お土産物を買うミュージアムショップがあります。ここでは、ちょっと子どもに買って帰ってもいいかなと思える小物から、少々値段のする知育玩具までそろっています。友だちは投げても紐でつながって来るから戻って来るボールを買っていました。「せっかく来た記念に何かひとつ」という時に便利なお店です。

1階キッズプラザ前の空間(カンテレアトリウム)

関西テレビのお土産物屋(カッテーネ)

一階に降りると、関西テレビのお土産物店があります。

ミュージアムショップで何を買おうか迷いに迷って買えなかった私はここでチャギントングッズを買いました。関西テレビの面白いキャラクターグッズが売っているので、見ているだけで楽しい!

画像が動く空間(インタラクティブエリア)

大きなスクリーンに自分が映し出され、確か…丸い?画像が動くのでそれを追いかけて子どもたちは踏もうと動き回る空間があります。

少し子どもたちはそちらで遊んでもらって、親たちは立ち話で休憩ができるようなホッとする空間です。

何人かで来ると、ここで扇町駅組と天満駅組に分かれてバイバイ~します。

楽しかったね。また来ようね。そんな感じで終わります。

 

気になることがひとつ…。

キッズプラザの年間パスがなぜか近頃、半年パスしか売っていません。1年分のパスが販売中止になっています。「一年後に何かがおこるのでは…だから、半年先の分までしか売っていないのでは…」という噂があり、「今のうちに行っておかないと!!」という人が増えています。(私のまわりでは)

気になる方はお早めに、確認してから行くことをおすすめします!

shimausj.hatenadiary.com

shimausj.hatenadiary.com

shimausj.hatenadiary.com

shimausj.hatenadiary.com